楽々譜読み習得法 音の高さ その3☆ カラーシールを貼って遊ぼう!

♪子ども達はシールが大好き♪

 

導入期の読譜習得は、「認識させる」「慣れさせる」この2点です。

カラーシールを使って楽譜を作っていくと、この2点が両立でき、正に一石二鳥です。

 

【カラーシールワーク】 ♪シールで遊んで大譜表に慣れる♪

 

◇ 用意するもの

 

  1. 直径9mmカラー丸シールを7色(赤
  2. 直径5mm白い丸シール
  3. フリクションペンの黒
  4. 線と線の幅が9mmの5線用紙
  5. 直径9mmの黒丸シール

 

※黒シールも用意できれば、発展ワークとして、カラーシールで作った楽譜を見ながら、さらに黒シールで、黒符頭の楽譜も作れます。

 


←こちらの画像は、見本です。

※DLしても小さすぎて使えません。

カラーシール9mm用五線8小節
線の幅が約9mmになっている五線(大譜表)です。
カラーシール9mm用五線8小節.pdf
PDFファイル 14.0 KB

 

♪さあ、【カラーシールワークをやってみよう♪

 

 

用品(9mm間隔の五線を印刷した用紙・カラーシール・黒ペン)がそろったら、今使っている教本や、以前使っていた教本の中から、16小節以下(できれば8小節が望ましい)の簡単な曲を選び、印刷した五線用紙に、カラーシールを符頭がわりに使って同じ楽譜を作らせます。

 

色は、カラーマーク法と同じで、スズキのベルハーモニーの色

 

赤ド橙レ黄ミ緑ファ空ソ青ラ桃シ

 

を使います。

 

二分音符全音符等が出てきた時は、9mmのカラーシールの上から5mm白いシールを貼って、中の白い音符を表現します。

 

既にある程度音が読めている子はそのままで取り組ませますが、必要に応じて、「カラー&アイコン音符一覧表」フリクションペン活用法ページからダウンロードできます)を見ながら取り組ませても良いです。

 

 

<シールワーク見本>

 

 

小さい子で、まだペンで上手く描けない子には、休符、加線、棒などは講師が描き足します。

 

5歳ごろから、自分で描ける子が多いです。

 

初めはもっと短い曲や、曲の一部だけをシールワークにしても良いと思います。


 

※DLしていただいた五線(カラーシール9mm用五線8小節)は、

直径8mmのシールにも使えます。カラー丸シールは、

 

100均でも手に入ります。