楽々譜読み習得法

 チビッ子にとって、楽譜は迷路のようなもの。

 

音の高さと長さを読むだけで大変なのに、左から右へ読む、大譜表の上段は右手、下段は左手、など謎のルールがいっぱいで大変です。

 

だからと言って、耳で曲を全て覚えて弾かせてばかりいると、楽曲が複雑になってきた頃、必ずつまずいてしまいます。

 

ピアノ曲、特にクラシックのピアノ曲の楽譜は本当に複雑で、だからこそ、読譜力と演奏力は、できるだけかけ離れないのが理想的です。

 

 

導入期のチビッ子や、楽譜が苦手な子のための、

 

“遊んでるうちに”

楽譜が読めていた 

 

そんな方法をご紹介します。

 

メニュー一覧